チーム紹介 | 名古屋フラーテルホッケーチーム 公式サイト

チーム紹介

チーム紹介

CONTACT

名古屋フラーテルホッケーチームについて

チームメンバー

1985 年に設立された「表示灯ホッケーチーム」は、20 年にわたり日本のトップチームとして活躍、ホッケーの普及と発展に寄与して参りました。

この間、全日本社会人選手権18回、国民体育大会16回、全日本選手権12回の優勝を記録。年間の三冠達成も10回を数える名門チームでした。しかし、2005 年度のシーズンをもって企業チームとしての活動を終了、翌 2006 年より、地元企業の協力の元、地域クラブ「名古屋フラーテルホッケーチーム」(運営母体は NPO 法人愛知スポーツ倶楽部)として新たなスタートを切りました。

その年、3年連続の4冠(日本リーグ、全日本社会人、国体、全日本選手権)を獲得するとともに、第11回のドイツワールドカップ(2002 年から連続出場、男子の歴史上最上位の9位という実績を残す)には10名の選手とスタッフを日本代表チームへ派遣いたしました。その後も岐阜県各務原市にて開催されました2008年北京、2012年ロンドンオリンピック最終予選に於いても数多くの日本代表選手を輩出しております。

チーム概略

チーム名 名古屋フラーテルホッケーチーム
(2005年 表示灯ホッケーチームから改称)
運営母体 NPO法人 愛知スポーツ倶楽部
部長 木原 征治
総監督 神戸 勝
監督 鹿野育郎
ゼネラル マネージャー 東谷 博史
本部 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目2-11 ナビタ名灯ビル内
NPO法人 愛知スポーツ倶楽部
TEL:(052)856-1511 FAX:(052)856-1512
創設 1985 年 (表示灯ホッケーチームとして)
スポンサー企業

朝日機器株式会社
株式会社雨宮
株式会社エディオン
大阪シーリング印刷株式会社
金印株式会社
興和株式会社
株式会社三晃社
新日本ウエックス株式会社
株式会社杉本組
株式会社槌屋
株式会社トゥエンティ・ワン
株式会社名古屋銀行
表示灯株式会社
ホンダロジコム株式会社

スローガン・チーム名について

チームスローガン

不負~NEVER GIVE UP~

名古屋フラーテルホッケーチームロゴマークチーム名

“兄弟・仲間” といった意味のラテン語の 「FRATER (フラーテル)」 。団体競技の基盤であるチームワークと、ホームタウンの地名を冠することで、選手を支えるサポーターとの強固な絆を願い命名しました。
フラーテルは、前身の表示灯ホッケーチームが一時採用した名称でもあります。

ユニフォーム

名古屋フラーテルホッケーチームユニフォーム